清水寺の歴史

宝亀9年(778年)に延鎮上人が夢のお告げで霊泉を訪ね、たどりついたのが清水寺のある音羽山であった。

音羽山には数百年も修行を続けているという修行者(行叡居士)がいたが行叡居士が旅立った後延鎮は、行叡居士の残していった霊木に観音像を刻み、草庵に安置した事が清水寺のはじまりである。

また、清水寺は本堂をはじめとする伽藍は何度も火災にあっており、寛永10年に徳川家光の寄進により再建されている。

現在、年間450万人もの参拝客が訪れています。


Top


(C)京都の世界遺産〜清水寺〜